小学生クラス活動内容


小学生は、あらゆるスポーツの基礎となる運動能力の発達において最も重要な時期です。この時期に運動神経の発達を逃すと、生涯にわたって(大人になっても)スポーツが苦手となってしまいます。

楽しく伸び伸びと運動をする過程で、いろいろな基本動作を身につけさせ、それらを上手にすることが大切です。そのためには、多種多様な運動・動作に取り組み「できた」という成功体験をたくさんさせてあげることを心がけています。

夢をもつ

世界陸上競技連盟で推奨されているプログラムを提供し、こどもたちの安全な成長と育成を第一に考えていきます。小学生期の「筋トレ」や「走り込み」などの過度なトーニングは、この時期のこどもにとって悪影響なだけではなく、骨や軟骨に故障を引き起こすことになります。「今」を強くするような無謀なトレーニングはこどもの成長を阻害し、スポーツを楽しむ心や才能を潰してしまいます。基本を大切にし、「今」だけではなく「未来」も大切にしていきたいという想いで日々研修を重ね実施しています。

見える可 基本方針
安全

個人の体力や運動能力を把握し、個人の成長に適した指導をするよう心がけます。過度なトレーニングは行わず、身体の発育・発達を考慮したプログラムを提供し、将来を見据えた身体づくりを安全に行います。

こころ育て(EQ)

「生きる力」を養いながら、「マナー」「仲間意識・協調性」などの挨拶や礼儀、用具を大切にする心、友人に対する気遣いや考える力をなどを育てます。

身体能力の向上

運動の基本動作を学び「調整力・バランス感覚・柔軟性」などの身体能力を総合的に身につけます。体力や運動能力の発達を促すために多種多様な運動を経験することで、運動能力を総合的に養成していきます。

楽しみ

物事を達成する喜びや記録を向上させることで「できた!」をたくさん体験することや、運動を楽しむことで生涯にわたって運動に親しむ心を育成します。

陸上教室
夢をもつ

「走る」ことを学ぶだけではなく「立つ・歩く・跳ぶ・投げる」といった運動の基本から、バランス感覚や柔軟性にいたるまで、運動能力について総合的に発達させながら、スポーツや運動の基礎をつくっていきます。基本となる動作をとにかく大切にして取り組みながら、ときにはゲーム性や遊びを取り入れた内容で、運動の苦手なお子さまも十分に取り組めるプログラムです。

教室内容例

キッズアスリートコース
陸上教室終了後に、より専門的なトレーニングを実施
陸上の専門的な指導を受けたい
大会に向けて頑張りたい
全国トップレベルのスキルを習得したい
大会参加

運動の基礎基本がしっかりとできている子を参加対象とし、競技力向上を目的とした専門技術指導を実施します。受講態度・教室内測定・大会結果等を総合的に判断し「キッズアスリート認定証」をお渡しします。その認定証保持者で受講希望者のみ参加できます。大会の記録向上やスポーツでトップを目指したい子をサポートしていきます。

全国大会優勝

実績

2021年度
・小学生全国大会日清カップに1人出場(都予選:35・3位3)
2020年度
女子4×100mR全国ランキング1位
・東京都強化選手に15人選出
・全国ランキングTOP10に8人がランクイン
・東京都種目別ランキングTOP10に42人がランクイン
2019年度
・小学生全国大会日清カップ出場8人(東京都代表)
・東京都強化選手に16人選出
・東京都種目別ランキングTOP10に36人がランクイン
2018年度
・小学生全国大会日清カップ出場4人(東京都代表)
・東京都強化選手に13人選出
・東京都種目別ランキングTOP10に32人がランクイン
2017年度
・小学生全国大会日清カップ出場3人(東京都代表)
・東京都強化選手に10人選出
・東京都種目別ランキングTOP10に28人がランクイン