ゆめおり陸上クラブが大切にしていること


夢をもつ

小学生はあらゆるスポーツの基礎となる運動能力の発達において、最も重要な時期です。この時期の発達を逃すと、生涯にわたってスポーツが苦手となり、大人になってからの運動能力の改善は難しくなります。脳などの発育発達が著しいキッズは、伸び伸びと運動を楽しむ過程で、いろいろな基本動作を身につけさせ、それらを上手にすることが大切です。そのために、多種多様な運動・動作に積極的に取り組くませ、「できた」という成功体験をたくさんさせてあげることを心がけています。

夢をもつ

こどもの成長を第一に考え、発育発達に合わせたプログラムを提供しています。筋力や骨格が成長するのは中学生以降ですので、小学生期の「筋トレ」や「走り込み」などの過度なトーニングは、この時期のこどもにとって無意味なだけではなく、骨や軟骨に故障を引き起こすことになります。「今」を強くするような無謀なトレーニングは、こどもの成長を阻害し、スポーツを楽しむ心や才能を潰してしまいます。 基本を大切にし、「今」だけではなく「未来」も大切にするクラブであり続けたいと考えています。

見える可 測定
基本方針
安全
個人の体力や運動能力を把握し、個人に適した指導をするよう心がけます。過度なトレーニングは行わず、身体の発育・発達を考慮したプログラムを提供し、将来を見据えた身体づくりを安全に行います。
こころ育て(EQ)
「生きる力」を養いながら、「マナー」「仲間意識・協調性」などの挨拶や礼儀、用具を大切にする心、友人に対する気遣いや考える力をなどを育てます。
身体能力の向上
運動の基本動作を学び「調整力・バランス感覚・柔軟性」などの身体能力を総合的に身につけます。体力や運動能力の発達を促す多様な運動を経験することで、運動能力をバランスよく養成していきます。

リズム能力リズム感だけでなく、動作をマネしたり、イメージした動きができる能力
バランス能力空中や動いているときにバランスを保ったり、崩れた姿勢から素早く立て直す能力
連結能力筋肉や関節の動きをタイミングよく無駄なく同調させ、動きをスムーズにする能力
反応能力さまざまな合図に対して、正確に対応動作ができる能力。聴覚だけでなく触覚や筋感覚も含まれます
変換能力予測して先取りする能力や、動作を素早く切り換える能力
定位能力空間把握や動きの変化を調節する能力
識別能力動作と視覚などとの関連性を高め、道具を上手に操作する能力

楽しみ
物事を達成する喜びを得て「できる」を味わうことや、記録を向上させることによって運動を楽しみ、生涯にわたって運動に親しむ心を育成します。

かけっこ教室

あらゆるスポーツの基本

夢をもつ

「走る」ことを学ぶだけではなく「立つ・歩く・跳ぶ・投げる」といった運動の基本から、バランス感覚や柔軟性にいたるまで、運動能力について総合的に発達させながら、スポーツや運動の基礎をつくっていきます。 基本となる動作をとにかく大切にして取り組みながら、ときにはゲーム性や遊びを取り入れた内容で、運動の苦手なお子さまも十分に取り組めるプログラムです。

あいさつからはじまり、人の話をしっかりと聞くことや仲間意識・協調性をもつこと、「生きる力」の育成や道具を大切にする「マナー」など心を育てることも重要視しています。

教室内容例

キッズアスリートコース

専門練習

大会参加

競技力向上を目的とした専門技術指導を実施しています。大会出場希望者を中心に、運動動作の基礎基本がしっかりとできている子を参加対象としています(参加についてはスタッフからお声掛けいたします)。大会の記録向上やスポーツでトップを目指したいお子さまをサポートしていきます。